墨田区八広のきたふさ歯科医院のドクタープロフィール


最新

トップページへ
院長プロフィール

きたふさ歯科医院について
ドクタープロフィール
4つの安心
私たちのこだわり
院内フォトツアー
診療時間・アクセス

むし歯と歯周病
むし歯を防ごう
こんなに怖い歯周病

治療について
前歯の治療方法
つめものによる治療
かぶせもの
入れ歯治療

 
●略歴
 
1984年
岩手医科大学歯学部卒業
岩手医科大学歯学部第一保存学教室入局

1986年
岩手医科大学歯学部第一保存学教室退局
すみとも歯科(名古屋市)勤務

1989年
すみとも歯科(名古屋市)退勤
きたふさ歯科医院開設
社団法人向島歯科医師会入会
社団法人東京都歯科医師会入会
社団法人日本歯科医師会入会

1996年
日本歯科大学歯学部歯科放射線学教室
特別研究生入局

2003年
日本歯科大学歯学部歯科放射線学教室
特別研究生終了
歯学博士号 取得

●所属団体・学会
日本歯科保存学会 会員


心の歯科医療を目指して
 
○あたたかい思いやりの心で接します
 
歯の治療どなたが経験してもイヤなものです。自分のお口の中を人に見られるだけでも抵抗を感ずる方が多いと思います。

そうですよね、お口の中は不潔だし、ましてや虫歯、歯周病で具合が悪い方はなおさらと感じます。 でも安心していらして下さい。きたふさ歯科医院では患者さんの気持ちになって接します。

 
自分の友達・親・兄弟と接するようにあたたかい思いやりの心で接し、処置します。歯科の治療は、細かいことの積み重ねで、多くの材料を使い精密に行わなければならないため、気持ちがどうしても機械的になりがちです。

精密さばかり追い求めると、治療中のあたたかい気持ちを忘れがちです。

 
歯医者はイヤだという最大の理由は、あたたかい気持ちが少なくなることと思われます。私たちは常に人と人とのふれあいを大切に、きたふさ歯科医院に行って良かったと感じられるようあたたかい気持ちで接します。


○基本に忠実に処置します
 
当然のことですが、きたふさ歯科医院では患者さんにあった適切な基本通りの処置をします。歯の治療は細かい処置の積み重ねです。

一つ一つを基本通り確実に処置しなければいけません。表面のかぶせたものがいくらきれいでも、見えないところの処置が不十分では耐久性がありません。特に見えにくい根の中の治療には、充分時間をかけて完全な処置を目指します。


○なるべく抜きません
 
進行した虫歯、歯周病では歯の保存が難しいケースが多くなります。治療しても長く持たないことが予測できます。治療した歯が長く長く使えるのが一番ですが、このようなグレーゾーンにある歯もきたふさ歯科医院ではなるべく抜きません。

数年後その歯がどうしてもだめになったときのことを考えて、対応できるように現在の治療をします。生まれもったものは、大事にしたいと考えています。


○清潔に
 
患者さんのお口の中を触りますので、院内感染のないよう機材・器具の滅菌、手指の消毒には充分注意を払っております。特に口腔外バキュームの採用により、切削時の汚染物質の飛沫を防いでおります。




 
●略歴
 
1982年
東京歯科大学 卒業
東京歯科大学 大学院矯正学専攻(8年在籍)

1990年
矯正学にて歯学博士号取得
東京歯科大学 矯正学教室講師
東大付属病院 口腔外科勤務

1991年
アメリカ アリゾナにて研修
Americaninstitute For Bioprogressive
Education/ Robert.M.Ricketts

1992年
東大付属病院 退職
ベル矯正歯科クリニック開業

1993年
日本矯正歯科学会認定医 取得

1996年
東京歯科大学 矯正学教室非常勤講師

●所属団体・学会
日本矯正歯科学会認定医


メッセージ
 

トータル約10年間大学病院に勤め、矯正学で歯科学博士を取りました。現在は東京歯科大学の非常勤講師として大学の学生の教育、若い研修医の指導なども行っております。

技術的には大学以上のものをより安価な治療費で提供できると自負しております。



TOPへ戻る

前歯 | つめもの | かぶせもの | 入れ歯

〒131-0041 東京都墨田区八広6-8-2-2F Tel:03-3617-6655

Copyright (C) 2009 きたふさ歯科医院 All Rights Reserved
医院案内 アクセス トップページへ